製品/技術

Products & Technology

HOME 製品 / 技術 有機溶媒ナノ分離膜

有機溶媒ナノ分離膜

Organic Solvent Nanofiltration

膜材による分子分離。
有機溶媒混合物中の分子を分離可能。

原理Principle

反応混合物や溶媒抽出液(原液)を膜に通すことで、分子量の小さい溶媒等は通過し、 分子量の大きい分子(成分)は膜上に残ります。

使用例Example of use

  • 均一系触媒の回収と再利用

    反応終了後、加圧して反応混合液を膜透過させることで、触媒分子と生成物を分離できます。回収した触媒上に新たに原料溶液を加えて反応を行うことで、連続した反応プロセスの構築が可能です。

    Chem.Eng.2015,3,2817.
    Org.Process Res.Dev.2013,17,1131.

  • 溶媒濃縮

    Methyl Orangeのメタノール溶液を膜に透過させることで、 メタノール溶媒が除去できます(濃縮)。
    Methyl Orangeの回収率は98.9%です。

実験装置(一例)Experimental instrument

構成(一例です。用途や液量に合わせて設計・製作します。)

  • 1.本体
  • 外寸:320(W)×540(D)×730(H)
  • 圧力計目盛範囲 0~16MPa
  • 背圧調整範囲 0~13.7MPa
  • 接液部材質 SUS316、PEEK、PTFE
  • 2.送液ポンプ
  • ダブルプランジャーポンプ
  • 流量設定範囲 1~300mL/min
  • 耐圧 10MPa
  • 接液部材質 SUS316、サファイア、ルビー、PTFE、PCTFE、PEEK、安全装置 圧力上限・下限リミット
  • 3.膜ハウジング
  • 材質:SUS316
  • 耐圧 10MPa
  • 接液部材質 SUS316、樹脂

膜モジュールMembrane module

  • 平膜型

    円形状の平膜をハウジングに挟み込んで使用します。膜材の選定や微量の溶液処理に最適です。
    ハウジングのサイズはφ30以上で任意の大きさを指定可能です。

  • カラム型

    膜材を巻き取る形に成型したスパイラル型の膜モジュールです。コンパクトでありながら、大きな膜領域を確保しました。ラボレベルはもちろん、パイロット装置や本製造の装置への適用が可能です。